お見積りから施工の流れ

①お問い合わせ

まずはネットか電話でお問い合わせください

現地調査の日時を決めます。

②現地調査

規模や状態工事プランを確認します

(お客様の不安やご希望などを聞かせてください!!)

③お見積り提出

調査内容を元に外壁塗料の使用缶数つきお見積りを

お送りします。

④ご検討

住まいは家族の財産です。

ご家族でゆっくりご検討ください。

 

⑤ご契約

決定した工事内容を確認しご契約書にサインを

いただきます。

⑥工事着工前

ご近所の方へ粗品と工事お知らせ文をお持ちして

ごあいさつ回りをします。

⑦工事開始

塗装個所を隅々まで塗れるよう

組んでいき足場組みが終わり次第塗料飛散防止ネットを

張っていきます。

⑧高圧洗浄

ホコリ、コケなどを高圧洗浄機で洗い流します。

 

⑨養生

ガラス窓開口部など塗装しない所にビニールを貼ります。

⑩下地調整

年数劣化による崩れひび割れをコーキング材,モルタルで補修します。

⑪下塗り

劣化している外壁に適用下地材をローラーでたっぷりと塗っていきます。

⑫中塗り

乾燥後適用下地材で強化させた下地にトップ材料の1回目中塗りを塗っていきます。

⑬上塗り

塗膜を厚くするためトップ材料の2回目上塗りを塗ります

(外壁塗料使用缶数付きなので余った場合すべて使い切ります)

⑭軒天

壁の⑪下塗り途中から⑬上塗りまでの間に適量材料で

塗っていきます。

⑮養生バラシ

養生をしていると窓の開け閉めができず、息苦しいので外壁すべて塗り切り、問題なければ少しでもバラシます。

ここまでくればもう少し

⑯ケレン、破風塗装、樋塗装

塗膜の剥がれ具合、劣化状況により専用道具で目粗し後、問題がなければミニローラー、ハケで塗っていきます。

⑰ケレン、木部塗装、鉄部塗装

塗膜の剥がれ具合、劣化状況により専用道具で目粗し後サビ止め、適用材料上塗りします。

⑱清掃、手直し

不備があれば自分の納得するまで手直しします。

サッシ回りについた塗料を拭き取ります。

⑲足場解体

足場解体後最終清掃をおこないお客様完工確認後工事完工とさせて頂きます。

屋根施工の流れ

①工事開始

屋根を塗れるように足場を組んでいきます。

終わり次第、塗装飛散防止ネットを張っていきます。

②高圧洗浄

コケ、カビを高圧洗浄でしっかり落とします。

③棟板金

塗膜の状態に応じて専用道具で目粗し後浮いている釘はビスに替えサビ止めを塗ります。

④下塗り

吸い込み防止と接着性向上のため適用シーラーを塗り下地を強化します。

⑤タスペーサー

屋根塗装を2,3回繰り返した屋根取り付け推奨。

毛細管現象で水平方向から水分が屋根材裏面に吸い込まれてしまうことがあるので、タスペーサー挿入して隙間を確保し水はけをよくすることを推奨します。

⑥中塗り

ご契約上塗り材料の1回目中塗りを塗ります。

⑦上塗り

塗膜を厚くするため上塗り材料を2回目上塗り施工をして完成です。

⑧足場解体

足場解体後最終清掃を行いお客様完工確認後工事完工とさせて頂きます。